生活習慣から「たるみ」を予防

お肌のケアをしているときに気になることといえば、そう「たるみ」ですよね。

「たるみ」があるだけで、一気に私たちの顔を老けさせてしまいます。

みなさんはドクターシーラボには顔のたるみ研究所という分野があるのをご存でしょうか。

ここではわたしたちの顔の「たるみ」が出るメカニズムからその「たるみ」を予防する方法までいろいろなことがくわしく書かれています。

たとえば「たるみ」というのはわたしたちの生活習慣に大きくかかわってくるといわれています。

睡眠不足な日々が続くと体の中で作られている正常なホルモンや酵素などつくられなくなってきてしまいます。

そうすると、お肌がカサカサになってきてしまったり肌を若々しく保つための栄養素などがどんどん低下していってしまいます。

こうなってくると肌を重力から守ることができなくなってしまい、重力に負けてどんどんお肌が下がってきてしまいます。

その結果「たるみ」ができてしまうのですね。

また、タバコを吸う人も例外ではありません。

たばこに含まれているニコチンは血の血行を悪くさせる効果があります。

そのため地と遺書に栄養分は運ばれるのでその栄養分がしっかりと肌に運ばれにくくなってきてしまいます。

またニコチンにはお肌のつやなどを保つビタミンCを破壊する効果もあります。

そのため、タバコを吸えば吸うほどお肌トラブルは「たるみ」とともに増えていってしまうことになるのです。